院長・スタッフ紹介

加藤円香

加藤円香 Madoka Kato

皮膚は最大の臓器であり、内臓の鏡とも言われ、とても大切です。肌荒れで気分が落ち込むこともありますし、体の不調が皮膚に現れることもあります。心身の健康と皮膚は関係が深いのです。特に女性は妊娠、出産、子育て、仕事など様々なライフステージで様々な不調を起こしやすくなります。そこで心身や皮膚の不調に対して西洋医学に加え、漢方やアロマを取り入れ改善していきます。そして、こどものスキンケアから美容など小さなことでも相談できる家族 みんなのかかりつけ医 になれたらと思います。

経歴

大学病院では重症患者さんの入院管理、一般皮膚科及び小児皮膚科専門外来にて多くの診療にあたる。皮膚感染症、遺伝性皮膚疾患で学位、最優秀学術賞を取得し、大学院を首席卒業。3児の子育てをしながら、恵比寿にお母さんと家族のための皮膚科、漢方内科を開院。
自身が使用し、安心なもので肌に優しい美容を提供。
島根県出雲市出身
鳥取大学医学部卒業
群馬大学院医学系研究科皮膚科学卒業・医学博士
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
AEAJ認定アロマセラピスト

所属学会

日本皮膚科学会
日本小児皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
日本アロマ環境協会
岡﨑亜希

岡﨑亜希 Aki Okazaki

これまで大学病院を中心に診療を行ってきました。
丁寧な診察とわかりやすい説明を心がけ、ひとりひとりに合った最適な治療を提案できるよう日々努めております。
悪化、再発予防についても一緒に考えていきましょう。
皮膚のどんな症状でも構いませんので、お気軽にご相談ください。

経歴

杏林大学医学部卒業
2002 浜松医科大学皮膚科
2007 杏林大学医学部皮膚科
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

所属学会

日本皮膚科学会
日本美容皮膚科学会
有藤文香

佐藤麻友 Mayu Sato

正看護師免許取得後、救命救急センター・美容皮膚科・心療内科にて勤務。
美容皮膚科では、肌に悩みを抱える方と関わる中で、多くの方が食生活の乱れやストレスを抱え、生活習慣に問題がある事を実感し体内環境改善の重要性を感じました。私自身ニキビで悩んだこともあり、肌トラブルに悩む方の少しでもお役に立てればと思います。
美容皮膚科勤務が長かったので美容医療のことは何でもご相談ください。

有藤文香

有藤文香 Ayaka Arito

漢方薬剤師・国際中医師・国際中医薬膳管理師・中医アロマセラピスト
体が変わり始めると、こころまで元気になってきます。大切なのは体のちょっとした変化に早く気付いて、早く対処すること。漢方やアロマで患者様のお役に立ちたいと思っています。ご自身はもちろん、ご家族や大切な人の心身の健康のために、このクリニックを活用していただければ幸いです。

経歴

 星薬科大学卒業後、世界トップレベルの製薬会社でMRとして勤めるが、数々の症例と向き合う中、予防医学の重要性を再確認して退社。渡英して東洋医学を取り入れたアロマセラピー代替医療を学ぶ。帰国後、漢方とアロマセラピーを融合させた「中医アロマセラピー」を体系化。東京・代官山に総合サロン『Xiang』を設立。未病先防により、家庭の中から日本の医療を変えていくことをモットーに中医アロマ・漢方薬・薬膳のコンサルティング、アロマセラピーブランド・クリニックプロデュースを行うほか、スクールを主宰し、中医アロマセラピストの育成に力を注ぐ。

著書

『中医アロマセラピー 家庭の医学書』(池田書店)
『はじめての中医アロマセラピー』(池田書店)
『中医アロマで美しく歳を重ねる (陰陽五行の知恵から学ぶ「美の処方箋」)/世界文化社』
『中医アロマで「めぐるからだ」を作る 「気」「血」「水」の流れをよくする
「美の処方箋」/世界文化社』
『東洋医学とアロマセラピーが融合 中医アロマセラピー入門 』[DVD] BABジャパン